逆援助交際サイトには常に危険が潜んでいる


darenimoienaiwatashinohimitsu-konnariyuudegyakuenjokousaiwoshimashita逆援助交際サイトも主流となってきた今、悪質なサイトが増えているのは事実だと思います。サクラというのはいて当たり前。

逆援助交際サイトで良いなと思う相手とメールのやり取りをしていたら、詐欺にあってしまうのも当たり前。このように当たり前だと思って、常に警戒心を抱いておけば、変な逆援助交際サイトに騙される心配もなくなると思います。

一回でも、本物の相手と出会えてしまうと、人は安心だと認識してしまい、警戒心が緩くなってしまいます。でもそれが落とし穴なのです。

いくら異性と出会うことができたとしても、警戒心だけは緩めないようにしておきましょう。逆援助交際サイトの安全性を確認するのは、難しいです。

偽の住所を記載していたり、電話番号も使われていない番号を使用したり、知識がある悪質なサイトは、うまくやりくりをしています。だから会社概要だけで判断しないようにしましょう。

サイト自体も自然なサイトならば良いですが、アダルトチックが満載なサイト程危険なものはありません。デザイン次第で危ない、安全がわかることもありますが、それは逆援助交際サイトのベテランにならないとわかりません。

逆援助交際で1番多いトラブルとは?

逆援助交際で一番のトラブルになっているもの・・・それは、お金です。お金でのトラブルは一番厄介と思えますが、それ以上に危険なものが、逆援助交際にはあります。

援助交際は男性が女性を援助してあげるものですが、逆援助交際は女性が男性に対して援助してあげるものなんです。

最近は、男性だけじゃなく、女性も年下の男性と関わりたいという事で、18歳未満に手を出してしまうケースが多いです。それは犯罪行為になってしまうので、もし見つかってしまうと逮捕されてしまいます。

また男性の中には20歳だと年齢を偽って関わってくる可能性もあります。16歳17歳が一番お金をたくさん使いたい年頃でもあるので、偽ってくる可能性が非常に高いんですね。

なんといっても、最近の若い子は大人な顔立ちをしており20歳なのか16歳なのか区別ができない子もいます。

知らないでは通用しないので、きちんと確認をしましょう!「学生証とか、身分証明見せて」と言って見せてくれない人は、辞めた方が良いと思いますよ。